知っておきたい水分補給と便秘の関係

知っておきたい水分補給と便秘の関係 便秘
スポンサーリンク

人は、1日にどのくらいの水分が必要でしょうか?

みなさんは毎日、生きていくうえで、呼吸をし、汗をかき、おしっこをし

ます。

また、食べ物を食べる時の唾液や、体内で消化する際の分泌物なども水分

が必要です。

人は、1日に2000mlから2500mlもの水分を消費しているそうです。

これを聞いてどう思いましたか?

ホントびっくりですよね。

思った以上に多い!!

では、毎日およそ2ℓくらいの水分を失っていますが、どのくらい水分を

補給すればいいの?

必要な水分量とは?

水分は、口からの食べ物や飲み物から摂る必要があります。

食べ物にも水分は含まれますが、食べ物によっては水分をあまり含まない

ものもあります。

一般的に、食べ物と別に、飲み物としておよそ1500ml(1.5ℓ)摂る必

要があるみたいです。

しかし、便秘の人は、便硬くなっている場合があります。

なので、便秘の人はおよそ2000ml(2ℓ)摂るのが理想とされていま

す。

だからといって、まとめて水分を摂っても、おしっことしてでしまうので

注意が必要です。

水分補給の注意点とは?

便秘の人は、1日におよそ2ℓの水分補給が必要といわれていますが、こ

こでいう水分とは?

そのまんまの「水」です。

または、お湯、牛乳や豆乳など利尿作用があまりないものがいいとされて

います。

コーヒー、紅茶・緑茶などお茶類、ビールなどのアルコール類は利尿作用

が高いので、おしっことして出てしまい、水分補給にはなりにくいです。

ベストは水かお湯がいいようです。

また、一度にたくさんの水分を摂るのではなく、何回かに分けて少しづつ

摂るのがいいでしょう。

おしっこが近くなるからと水分をあまり摂らないと、水分が不足して便秘

になりやすくなります。

便秘を改善するための水分の取り方

便秘の人は、便が腸に長くとどまっているせいで、便の水分が吸収され、

便が硬くなってしまいます。

便に含まれる水分が、便の硬さを決めているというわけです。

便が硬いと排便が困難になりやすくなるので、適度な水分をこまめに摂

り、便を軟らかくして排便を促しましょう。

朝に、コップ一杯の水や牛乳などの水分補給も、腸を刺激して排便を促す

ようです。

便秘改善には、朝一杯の水と、こまめに水分補給をすることが大切だとい

えるでしょう。

また、便秘の時は、水分補給といっしょに食物繊維も意識して摂るように

しましょう。

水分と食物繊維で、便を適度な軟らかさにして、排便しやすいようにする

ことが便秘改善に効果的だといえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました